Menu

産後に行う骨盤矯正のおすすめ方法

産後は骨盤が開き気味です。人間の体というのは上手くできていて、出産に向けて徐々に骨盤が開いていくのですが、出産すると今度は自然に閉じていきます。ただし、少しずつしか閉じませんし、その間に新たに骨盤を開くような要因があるとそのまま固定されてしまうこともあります。骨盤が開いたままになると筋肉のつきかたにも歪みが生じ、体内の循環や自律神経にも影響を与えます。下半身太りの原因にもなりますので、ダイエット効果を下げることにもつながります。ですから、骨盤のケアは健康や美容のことを考えても行わなければならないものであり、出産してから間もないうちに行えば効果も高くなります。骨盤矯正の方法にも色々な種類がありますので、無理なく続けられる方法を探すことが大切です。

ガードルやベルトは意識せずにケアできる

産後は体調面の回復が遅れてそれが気になってしまったり、慣れない育児に追われて骨盤のことまではなかなか手が回りません。ですから、特別な動作や手間を必要とするような方法では行うことが難しくなりますので、あまり手のかからない方法を探す必要があります。特に意識せずに骨盤矯正が行えるのは、ガードルやベルトのようにはくだけや装着するだけのタイプです。服の下に着けることができますので、日中の間でもケアを行うことができます。いつも通りの生活を送りながら骨盤も矯正できますので、非常に取り入れやすい方法だと言えます。このタイプを利用する場合、締め付けの強過ぎるものは血行を阻害して体調にまで影響を及ぼす恐れがありますので、程良いフィット感のあるものを探すことが大切です。

整体などに通ったりストレッチを行う方法も

自分で骨盤を矯正する方法としてストレッチもあります。ストレッチはすぐに効果が出やすいので短期間で成果を出したい人に向いていますが、その他にも骨盤の開きがなかなか治らない場合に取り入れたい手段です。開いてからある程度の期間が経過してしまうと固定されてしまいますので、ケアを行っても成果が出にくくなりますガードルなどで治そうとしても思うようにいかないことがありますので、その場合はストレッチを取り入れると良いようです。どうしても元の状態に戻すことができない時には、整体などで施術を受けるという方法も残されています。一度きちんとした位置に戻してもらえば、あとは定期的にメンテナンスに通うだけで済みます。その間も自分でストレッチを行えば、良い状態が維持されやすくなります。