Menu

産後の骨盤矯正の効果を実感するために

産後は出産に向けて開いた骨盤がそのままになってしまうことが多く、自然に閉じるのを待っていると長い期間がかかります。場合によっては上手く閉じないケースもあり、下半身太りの原因になります。体の内部への影響も大きく、血行が悪くなって代謝が鈍ることで冷え性になったり、内臓の位置にずれが生じて働きが弱まることもあります。色々な影響を及ぼす恐れのある部分ですので、気づいたら早めに対処する必要があります。骨盤を矯正すると、むくみが解消されて下半身が細くなったように感じますし、代謝が良くなりますので疲れにくくなります。体にも美容にも良いことですので、できる範囲でケアを取り入れていくことが大切です。早ければ早いほど高い効果が得られますが、無理は禁物です。

日ごろの姿勢も重要なポイントに

骨盤矯正用のベルトやガードル、クッションなどを使ってケアを行う場合、装着したり座ったりするだけでも一定の成果を期待することができますが、より高い効果を実感するためには日ごろの姿勢にも気をつけなければなりません。姿勢が悪いとせっかく矯正されつつある骨盤に再び歪みが生じ、結局はケアを行っても大した成果が見られないということが起こります。姿勢には癖がありますので意識しなければ変えられない部分ですが、気をつけて過ごせば順調にケアの効果を実感できるようになりますので、日々気をつけることが大切です。姿勢を正そうと思っても思うようにいかない場合、既に筋肉のつき方がアンバランスになっている可能性があります。その場合は矯正に時間がかかりますので根気良くケアを続ける必要があります。

一度正しい位置に戻してからセルフケアを行う

産後の骨盤矯正では、骨盤の開きが大きいので少しずつの変化だと効果を実感できないことがあります。一度大きく変われば効果を実感できますので、整体などの専門施設で正しい位置に戻してもらうのも良い方法です。このような施設で行われている施術には即効性があり、一回の施術でも高い効果を感じることができます。開きが酷い人でも改善できる可能性がありますので、セルフケアだけでは戻すことができないと感じる場合にも有効な手段です。整体などで良い状態に戻すことができても、歪みの原因が解消できていなければ元に戻ってしまうことがあります。産後に初めて気づいた場合でも、実は妊娠前から骨盤が開いていたという人も多いので、骨盤の開きにつながるような習慣を見直すことが必要不可欠です。