Menu

産後の骨盤矯正の際に注意すべきこと

出産の際、女性の骨盤の周りの靭帯や関節は妊娠をしていない時期に比べると柔らかくなっています。これは出産のために赤ちゃんが産道を通りやすくするためなのですが、通常は出産から3~4か月で徐々に元の状態に戻るといわれています。しかし出産後に正しい位置に骨盤が戻る人は実は数が少なく、骨盤のゆがみが生じてしまうことが多いです。骨盤の歪みは猫背や腰痛をひきおこしたり、新陳代謝の低下で太りやすくなったり、女性ホルモンの分泌に影響を与え、生理痛やPMSが起こってしまうことがあります。そこで行っておきたいのが産後の骨盤矯正です。靭帯や関節が柔らかくなっているからこそ骨盤を正しい位置に戻しやすくなるので効果が出やすいタイミングなのですが、注意しておきたいこともあります。

タイミングを見極めることで効果が出やすい

骨盤矯正を行うタイミングは、出産から6か月以内が、効果が現れやすいといわれています。時間がたつにつれて骨盤はだんだんと固くなってしまいますので、骨盤が固くなってしまってからでは正しい位置に戻すことが難しくなってしまいますので、施術のために多くの時間が必要になってしまいます。だからと言ってあまりにも早すぎるのも身体に負担になってしまいます。1カ月ほどはお母さんにとっては出産の疲れを癒すための大切な時期になります。医学的にも身体が元の状態に戻るまでに出産から6から8週間かかるといわれていますので、この時期は無理をしないことが大切になります。そのため、出産から2か月から6か月という限られたタイミングの中で、お母さん自身や赤ちゃんの様子を見ながら施術をする時間を作るようにしてみてください。

日常生活の身体の使い方に気を付けることも大切

赤ちゃんのお世話をしていると、どうしてもおむつ替えや母乳をあげる時、赤ちゃんを抱っこするときには前かがみの姿勢になって様子をしっかり見るための体勢をとってしまうことが多くなります。その前かがみの姿勢は腰に負担をかける姿勢であり、骨盤が歪んでしまう可能性が高くなります。産後で骨盤の周りの靭帯や関節が柔らかいということは、逆に考えるとちょっとした日常生活の癖が骨盤に影響を与え、出産前よりも歪んでしまう可能性もあるのです。骨盤矯正を行っていても、一度や二度では正しい位置に戻ることはありません。その間に骨盤が歪むような姿勢をとっていれば、なかなか効果が現れなくなる可能性もあります。日常生活においても正しい姿勢をとることに気を付けることが、効果が実感しやすくなるコツになります。