Menu

産後の骨盤矯正はいつから始めればいいのか

「産後の骨盤矯正は早くした方が良い」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思いますが、そもそも骨盤を矯正するとは実際どのようなことで、なぜした方が良いと言われるのでしょうか。骨盤とは腰回りを支える骨で、女性は妊娠・出産を経て大きくその形が変化します。子宮は骨盤の間に位置しており、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて少しずつ骨盤も開いていきます。そして出産時には産道が作られるほど骨盤は大きく開いた状態にあり、赤ちゃんが出産により体外に出てきてもすぐに戻るわけではありません。出産後はお腹が元の大きさに戻ると思っている人は多いですが、実は赤ちゃんを出産した後も子宮はしばらく膨らんだ状態にあり、時間をかけて元の大きさに戻ります。また、骨盤も時間をかけてゆっくりと戻っていくのですが、戻りきる前に適正な位置に矯正することが大事なのです。

骨盤矯正はいつから始めるべきか

妊娠・出産を経て広がった骨盤は、出産してすぐの頃にはまだ出産の名残で動きやすい状態にあります。それが数か月の時間をかけて元に戻り固まっていくのですが、その期間は半年ほどと言われています。そのため、骨盤の矯正作業をするのは遅くても半年までにはした方が良いとされているのですが、ただし、出産した直後に行うのは体に負担があります。というのは、出産から1カ月ほどはまだ子宮が元の状態に戻っておらず、悪露も出ている状態なので、この時期に骨盤を締め付けると子宮の回復に悪影響がでるリスクがあります。このような理由から、骨盤の矯正作業をするのは産後2か月から6か月までの間が最も効果的で、この時期に始めるのが最適と言われています。早く始めたいと思う人は多いものですが、2か月までは子宮の回復の為に行ってはいけません。

なぜ骨盤がずれていてはいけないのか

では、そもそもなぜ骨盤を矯正した方が良いのでしょうか。それは、骨盤が適正な場所にないと血流が悪くなり、頭痛や肩こり、腰痛を引き起こす原因となります。また、血流の悪化は冷え性を発症させると共に、むくみを作りだし、太りやすい体質になってしまいます。また、骨盤がずれていると体幹がずれてしまうので、太腿やお尻の筋肉が適正に使われず、脂肪がつきやすくなり下半身太りのどっしりとした体形になりやすくなります。出産を経た女性に下半身太りが多いことや、妊娠・出産を経て体重は戻ったのに体型が元に戻らないというのは骨盤がずれているからです。一度固まってしまった骨盤を適正な位置に戻す作業は非常に困難です。しかし、出産の後半年までは骨盤が柔らかい状態にあるため、この時期にしっかりと矯正しておくことが後々の体型や体質に大きく影響するのです。